まずはリクナビネクストに掲載することのメリットの解説

いま、求人サイトや求人フリーペーパーや有料の求人誌などたくさんあります。フリーペーパーや求人誌は地区ごとの場合が多いでしょう。求人を出す企業側は、会員数が多いサイトに掲載した方がたくさんの人に見てもらえるというメリットがあるし、求職者側も希望する仕事を探しやすいというメリットが生まれてきます。リクナビネクストは会員数が多いので、両者がメリットを得られます。リクナビは新卒や既卒の学生向けですが、リクナビネクストは、仕事を経験した人の転職専用サイトですが、どちらもリクルートが運営しています。今までと同じような仕事を探したり、今までと違う職種にチャレンジしたり、故郷に帰ったり、パートやアルバイトなど働き方や勤務地や職種でも選ぶことができます。転職には不安がつきものですが、リクルートならではの実績と情報量を利用して、求人求職を成功させましょう。

リクナビネクストに掲載するために必要なこと

まずは、電話やインターネットを介してリクナビネクストのサイトで相談や申し込みをすることです。その後、打ち合わせをして、最適なプランを提供してくれます。打合せ時には、求人を出す職種や仕事内容、時給や給料の金額、勤務地の住所や勤務時間や勤務日数、休日数や有休の有無などの掲載する勤務条件を用意しておいてください。福利厚生や休日を強調することや、写真の代わりにイラストを使うなど作戦が必要です。プランが決まれば、求人の広告を作成していきます。作成するにあたっては、経営者や従業員に取材や会社の雰囲気や仕事している様子の写真撮影が必要になってくることがあります。掲載は無料ではありません。何日掲載するかで費用が決まってくるので、数十万円の予算は組んでおいてください。

リクナビネクストに掲載した後は

掲載しているリクナビネクストを見た方から応募が来たら、面接や説明会に進みます。応募者は早く仕事をしたいはずなので、なるべく早めに面接の連絡を入れます。面接の前日にはフォローのメールを入れて、面接のドタキャンや面接自体を忘れることや遅刻するのを防ぎます。そうすることによって、積極的に求人している印象を与えることができます。応募者に気持ちが変わって応募をキャンセルする場合も早めに連絡をもらうことができます。採用不採用の返事は期日を守って連絡します。万一不採用になってもはっきりと連絡することです。そうしないと応募者は、いつまでたっても次の企業に応募できません。合否ライン上でもその旨を説明して待ってもらえるかどうか聞いておいた方がいいです。掲載している期間は、応募が来るのを待つだけなので、本来の業務に集中できます。